サムライテクノロジー株式会社

東京都中央区日本橋小伝馬町14-10 12F

TEL:03-5649-9926

データベースレプリケーションの定番。 FC Replicator

FC Replicatorレプリケーション構築ソフトウェア
について

FCReplicator は、遠隔地への高速バックアップシステムや、マルチサイト・マルチマスタなどの高度なシステム連携を実現するデータベースレプリケーションの定番ソフトウェアです。

Windowsだけでなく、LINUXやUNIX上のデータベースに対してもWindowsOSのコンピュータからGUIの設定ツールで、レプリケーション設定が行えますので、誰でも簡単に高度なレプリケーションシステムを構築することができます。

レプリケーションとは

複製を行う技術。(本ページでは、データベースのレプリケーションについて記載しています)。
主となる(マスタ)データベース と まったく同じ内容の(レプリカ・複製)データベースを作成することができるため、 負荷分散や、ホットスタンバイに有効な手段として広がっています

レプリケーションは、テープバックアップと違い常にデータベース自体を複製するため、万一のデータベース障害時にも 待機系データベースでの継続運用を可能にします。 また、マスターデータベースとレプリカデータベースは、ネットワークを通じて互いにデータを交換しあい、常に内容が一致するようにできているため、 一ヶ所でp/ると、マスターとすべてのレプリカに自動的に更新内容を伝播させるシステムが分散された環境でも効果を発揮します。

FCReplicator は、同一プラットフォーム間だけでなく、Oracle、SQLServer、PostgreSQLなどの異なったプラットフォームでも、 シームレスな連携が可能なことや、 誰でも手軽にレプリケーションシステムを構築できる専用管理ツールを持つことで レプリケーションの定番ソフトウェアとして、 多くの企業様にご利用をいただいています。

FCReplicator をご利用いただくことで、 データベース標準機能でレプリケーp/ようとした際に問題となる 「主キーの無いテーブルのレプリケーション」や、 「テーブル構成の異なるデータベースに対してのレプリケーション」対策などの特別な知識なしに、 誰でも手軽にレプリケーションシステムを構築することができます。

また、Lotus Notes Domino では、外出先でのオフライン時には、 コンピュータ内のローカルデータベース(レプリカデータベース)、 社内ネットワークからのオンライン状態では、 サーバ側のマスタデータベースにダイレクトアクセスすることができ、 オンライン・オフラインなどのネットワーク状態にあわせ柔軟なシステム運用を可能にすることができます。

ファイル共有(CIFS)の高速化は、FastConnector for CIFS をご利用いただけます。

製品特長

マルチDB対応

Oracle、SQLServerなどの商用データベースに加え、PostgreSQL ( 個別対応 )にも対応し、異なるデータベース間のレプリケーションを実現

クロスプラットフォーム

Oracle - SQLServe、Oracle - PostgreSQL などの異なるデータベースプラットフォームでも簡単にレプリケーションが可能

マルチマスタ 対応

マスタサイト同士で双方向に更新が可能

マルチサイト 対応

1マスタサーバに対して、複数サーバのレプリケーションが可能

便利な導入支援ツール

設定ツールは、Windowsで動作するGUI型のアプリケーションが付属

高速

独自の高速レプリケーション技術を搭載し、ISDNやDSLなどの回線下でも大量データのレプリケーションが可能

低負荷

プル型レプリケーション方式を採用。複数サイトから、本社への一括集中型のレプリケーションにも最適

非同期レプリケーション

マスタサーバがダウンした場合、スレーブサーバで運用が継続可能な非同期方式を採用

柔軟な設定

レプリケーションインターバルを1秒から設定が可能 テーブル単位のレプリケーション設定

ソフトウェア構成

  • 1 .FCReplicator
    (マスタサーバ / レプリカサーバ)
  • 2 .FastConnector Server
    (マスタサーバ / レプリカサーバ)
  • 3 .管理ツール
    (管理者用コンピュータ)
レプリケーションデータを確認する画面

レプリケーションデータを確認する画面

動作イメージ図

マスタサーバ

  • 1マスタDBを更新する。
  • 2マスタDBのトリガーが実行され、JOBQUE表にデータ(SQL文)が書き込まれる。

レプリカサーバ

  • 1レプリカサーバ側のFCReplicatorは一定間隔でマスタサーバ側のJOBQUE表を確認。更新情報が存在する場合は取得する。
  • 2レプリカDBを更新する。
  • 3マスタサーバのJOBQUE表に更新完了フラグを立てる。

FCReplicator 動作環境

サーバ環境 Windows Server 2008 / 2008R2 / 2012 / 2012R2 / 2016
Red Hat Enterprise Linux 5 / 6 / 7
※上記以外のOS(UNIXやLinux、64bitOS)をご希望されるお客様につきましては、別途お問合せください。
対応データ
ベース環境
Oracle 9i / 10g / 11g / 12c
SQL Server 2008 / 2012 / 2014 / 2016
PostgreSQL 8.23
MySQL 5.6.2以降
※上記以外のDBやバージョンでご使用をご希望されるお客様につきましては、別途お問合せください。

価格とサポート内容

FCReplicator 製品価格
別途お問い合わせ下さい。
FCReplicator 年間サポートメニュー
契約期間:
1年間 ( 初年度は、必須加入 )
対応時間:
年末年始・祝祭日を除く
平日10:00 ~ 18:00
サポート内容:
FCReplicatorに関する技術的なサポート ( メール対応 ) マイナーバージョンアップモジュールの無償提供 メジャーバージョンアップ時の優待価格でのラインセンス提供

ORACLE FastConnectorは、On Oracle 商品です。
日本オラクル様 オラクル通信にFastConnector事例記事(株式会社テックエンジニアリング様)を掲載いただきました。
※ On OracleはORACLE Corporationの商標です。

※LotusおよびDominoは、IBM CorporationおよびLotus Development Corporationの商標です。
※Oracleは、米国ORACLE Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
※Windows、Windows Server、SQLServer は、米国Microsoft Corp.の米国及びその他の国における商標 または、登録商標 です。